カテゴリ:研修会



【Advanceコース】 Basicを臨床に応用するため、具体的な介入方法についてお伝えします。 ※ 自律神経セラピストBasicコースを修了すると受講することが可能となります。 このコースは、下記の項目をそれぞれ1日行う研修会となります。 ※受講は、順不同で可能です。 Advance1:顎関節 Advance2:内臓①(肝臓、胃、十二指腸、空腸・回腸、上行・横行・下行結腸、S字結腸 Advance3:内臓②(免疫器官:副腎、胸腺、脾臓、甲状腺、胸腔内臓器:肺、心臓) Advance4:血管(頸動脈、内臓へ向かう血管、静脈を含む) Advance5:ホルモン(子宮、卵巣、甲状腺、視床下部、下垂体、骨盤底を含む)
【自律神経セラピストBasicコース】 「自律神経の問題を解剖学や生理学より捉え、評価・介入する方法についてお伝えする研修会」 このコースは、オンラインの研修会で知識を学び、実技研修会で具体的なハンドリングの技術を学ぶコースとなります。 BASIC①-1 [講義]自律神経の概論 解剖生理学 BASIC①-2 [講義]自律神経を変化させる要因 BASIC①-3 [講義]自律神経とストレス BASIC①-4 [実技]脊椎・胸郭・骨盤 BASIC②-1 [講義]自律神経と血管・血流 BASIC②-2 [講義]自律神経と内臓 BASIC②-3 [講義]自律神経と睡眠 BASIC②-4 [実技]血管・内臓 BASIC③-1 [講義]神経の機能解剖 BASIC③-2 [講義]便秘と下痢の運動生理学 BASIC③-3 [実技]神経・筋・筋膜

【研修会再開】 ※8月からオンラインにて研修会を再開します。 ●日程 8月12日(水) 20:00〜 8月29日(土) 15:00〜 ※研修会内容をアンケートにて決定します。 以下のアンケートにお答えください。
自律神経を診ることのできるセラピストを養成するコースについてご案内させて頂きます。

アレルギーセラピストコース概要
アレルギーセラピストコースについてお伝えいたします。このコースは、アレルギーに対して身体から介入する方法についてお伝えする研修会です。 このコースの目的は、アレルギー症状で辛い思いをしている患者さんを身体から元気にできるセラピストを全国に増やしていくことです。 ・アトピー性皮膚炎 ・喘息 ・花粉症(慢性鼻炎) ・蕁麻疹 ・食物アレルギー  ・金属アレルギー など 上記のようなアレルギー疾患において「薬の治療で思うような効果が得られない」「薬の使用量が徐々に増えてきている」「副作用が心配だけれども薬を使わざるを得ない」「アレルギーを複数、持っている」 このような患者さんを笑顔にしていくには、身体をアレルギーに負けない状態にしていく必要があります。
【『ホルモン』アドバンスコース6 】  〜女性の自律神経トラブル〜 advance6は、初開催となります。 日時:3月1日(日)10:00〜16:0 0 内容: ・女性の自律神経トラブルが多い理由 ・ホルモンバランスの生理学とリスク管理 ・月経前症候群(PMS) ・更年期障害に対する評価のポイント ・子宮、卵巣、骨盤底などを含む触れ方、誘導方法 ・自律神経トラブルに対する向き合い方

主催:RIMILE 近年、女性の自律神経症状を訴える人達は急増しています。テレビやネットでもこの言葉を耳にすることは増えてきています。我々、セラピストは自律神経症状がどのような発生機序で生じているかを理解しなければなりません。これらを理解した上で評価、治療に繋がっていきます。...
株式会社geneさん主催で開催させていただいた研修会で、アンケートを取っていただきました。 2019.6.2 @東京 【アレルギー疾患の緩和を目指す評価と介入の考え方】  〜アレルギーに対して身体から介入するセラピストの関わり方〜 受講生の皆さんに貴重なご意見をいただくことができました。受講生の皆さん、geneスタッフの吉田さん、平澤さんありがとうございました。

【こんな人にオススメ】 ● 不眠、便秘、冷え、ほてり、多汗、脱力できないなどの症状を持っている人 ● 患者さんの自律神経系障害に悩む機会の多い人 ● 自律神経系障害に対する評価・介入のポイントを知りたい人 ● 自律神経の生理学を臨床にいかせる知識に結びつけたい人 不眠、便秘、冷え、ほてり、多汗、脱力できないなど、自律神経系の障害と出会う機会は多いと思います。しかし、臨床において、身体のどこをどのように評価したら自律神経の問題とつながるのか分からないセラピストが多いのではないでしょうか。
刺激的な研修となりました🌟 講師のDee先生、アシスタントの3人の先生、受講生のみんなにお世話になった一週間でした。 カルフォルニアで、内臓治療の勉強会に参加してきました。 ・内臓の解剖学・生理学 ・内臓の動き方 ・内臓の評価方法 ・治療の方向性 などなど

さらに表示する