〜研修会の流れ〜

 

【単発セミナー】


「アレルギー疾患や自律神経のトラブルに対する評価と介入方法をお伝えする研修会」

 基本的に1日で開催される研修会

 アレルギー疾患:アトピー、喘息、蕁麻疹、食物アレルギーなどについて

 自律神経トラブル:便秘、冷え、不眠、ほてり、頭痛などについて

 

※研修会開催のご希望や講師依頼につきましては、お問い合わせよりお願いいたします。

 

 

【コースセミナーの詳細】

以下の3つのコースがあります。

 

 ・自律神経セラピストBasicコース

「自律神経の問題を解剖学や生理学より捉え、評価・介入する方法についてお伝えする研修会」

このコースは、オンラインの研修会で知識を学び、実技研修会で具体的なハンドリングの技術を学ぶコースとなります。

 

 ・アレルギーセラピストコース

「アレルギー疾患に対する評価と介入をお伝えする研修会」

 

 ・アレリハAdvanceコース

「Basicを臨床に応用するため、具体的な介入方法についてお伝えする研修会」

 

研修会受講の流れは、以下のフローチャートをご覧ください。 

 

【コースセミナーのフローチャート】

 

自律神経セラピストBasicコース

「自律神経の問題を解剖学や生理学より捉え、評価・介入する方法についてお伝えする研修会」

このコースは、オンラインの研修会で知識を学び、実技研修会で具体的なハンドリングの技術を学ぶコースとなります。

 

BASIC①-1 [講義]自律神経の概論  解剖生理学

BASIC①-2 [講義]自律神経を変化させる要因

BASIC①-3 [講義]自律神経とストレス

BASIC①-4 [実技]脊椎・胸郭・骨盤 

 

BASIC②-1 [講義]自律神経と血管・血流

BASIC②-2 [講義]自律神経と内臓

BASIC②-3 [講義]自律神経と睡眠

BASIC②-4 [実技]血管・内臓

 

BASIC③-1 [講義]神経の機能解剖

BASIC③-2 [講義]便秘と下痢の運動生理学

BASIC③-3 [実技]神経・筋・筋膜

※ 自律神経セラピストBasicコースを修了するとアレルギー受講することが可能となります。

 

アレルギーセラピストコース

 

①アトピー性皮膚炎

②喘息

③蕁麻疹

④鼻炎(花粉症)

⑤症例検討

 

これらの症状に対する介入方法を学ぶ研修会となります。

 

 

アレセラAdvanceコース

Basicを臨床に応用するため、具体的な介入方法についてお伝えします。

※ 自律神経セラピストBasicコースを修了すると受講することが可能となります。

 

このコースは、下記の項目をそれぞれ1日行う研修会となります。

 

※受講は、順不同で可能です。

 

Advance1:顎関節

Advance2:内臓①(肝臓、胃、十二指腸、空腸・回腸、上行・横行・下行結腸、S字結腸

Advance3:内臓②(免疫器官:副腎、胸腺、脾臓、甲状腺、胸腔内臓器:肺、心臓)

Advance4:血管(頸動脈、内臓へ向かう血管、静脈を含む)

Advance5:ホルモン(子宮、卵巣、甲状腺、視床下部、下垂体、骨盤底を含む)

 

 

※研修会開催のご希望や講師依頼につきましては、お問合せよりお願いいたします。

 


 

【今後の自律神経セラピストBasicコース予定】

 

 ホーム もしくは 予定セミナー

 

 をご確認ください。

 


【自律神経セラピストbasicコース】

 

自律神経セラピストコース概要

 

※アレルギーセラピストコースは、自律神経セラピストbasicコース修了者がご参加いただけるコースとなります。

今現在、開催は未定となっております。

 

【アレルギーセラピストコース】

 

アレルギーセラピストコース概要

 

【アレセラAdvanceコース】 

 

アレセラAdvanceコース概要