自律神経

基本的に血管は、 交感神経活動亢進→血管平滑筋収縮→血管収縮 [アドレナリン作動性血管収縮神経] 運動時に多くの酸素を必要とする筋内の血管では 交感神経活動亢進→血管平滑筋弛緩→血管拡張 [コリン作動性血管拡張神経] (※ネコの四肢の骨格筋血管に交感神経性血管拡張神経が存在することは明らかにされているが、ヒトでは前腕や大体のきんに存在するとの報告もあるが、いまだ議論が多い。) 運動時の血流コントロール たくさん運動すれば、その分たくさんの血液が必要になるので、 ①血管を収縮させてたくさんの血液を素早くそれぞれの筋に運ぶ。 ②筋においては血管を拡張させて必要な酸素と栄養素を筋細胞内に取り込む。 イメージはつきましたか。
交感神経が優位だと筋が硬くなりやすい ・筋緊張が亢進している ・なかなか脱力できない ・緊張性の痛みが生じやすい 自律神経のトラブル(ここでは、特に交感神経が優位な場合)があると上の3つのような症状が認められやすい。 緊張性の頭痛、首・肩・腰・股関節などの痛みが生じやすい。 これ、臨床で感じる人は多いと思いですよね。 ここで疑問が生じないですか? 筋をコントロールしているのは、体性神経でしょ? 自律神経は、骨格筋に関係するの?? ・・・・ 答えとしては、交感神経と骨格筋は関係しています。 以下の2つによって、自律神経と骨格筋が直接関係していることが分かっている。

短期間の精神的ストレス ➡︎交感神経の機能亢進 + 副交感神経の機能減弱 ➡︎筋肉が硬くなる ➡︎首・肩こり、腰痛など 長期間の精神的ストレス ➡︎交感神経の機能亢進 + 副交感神経の機能亢進 ➡︎筋肉が硬くなる + 免疫系のトラブル、不定愁訴が増える  ➡︎首・肩こり、腰痛など。風邪を引きやすくなる、アレルギー症状が出やすくなる。身体の様々なところに不調をきたしやすくなる どのような対策が必要か? 「交感神経が高まっているから、落ち着かせて!」 これで、交感神経が落ち着いて肩こりが無くなったら、みんな苦労しないですよね苦笑。 ・交感神経を落ち着かせる ・筋肉の力を抜いてリラックスする この2つは、なかなか意識的に出来ないですよね。だからみんな困っているんですもんね。 筋肉の力を抜くための行動とは? (交感神経を落ち着かせるための行動とは?)
交感神経の働きのトラブルと胸郭の動きの柔軟性には、解剖学・運動学的にも密接な関係があります。詳しい説明は省きますが、以下の動画のような動きがとても重要です。 あなたの体は、どこまで動かせますか? 『交感神経ストレッチ』

クライアントの状態を数値化して、評価・介入していくことは重要な視点ですね。 それを助けてくれる指標は1つでも多い方がいいですね。 信頼性のあるデータを集めていかないといけませんね。
3ヶ月に及ぶ東京での自律神経セラピストbasicコースが終了しました🌸

このような患者さんを担当したことがある理学療法士は多いのではないでしょうか? ・患者さんが身体に触れるだけで全身の筋緊張が亢進してしまう ・関節や筋を動かしたいのに思うように介入ができない ・触れれば触れるほど、患者さんの力が入ってしまう ・患者さんの回復が遅れる(入院が長引く、再手術になるなど) ・夜、ぐっすり寝れていない このような場合、筋や関節の問題だけではなく、自律神経に問題がありそうだなぁと感じるのではないでしょうか。 『交感神経が優位になっていて、筋緊張が亢進している』 と考えられますよね。 でも、この現象、生理学的に説明できますか?
【フィリピンにも辛い思いをしている人は必ずいる】 「自律神経の問題」や「アレルギー疾患」に悩んでいる人が。         現在、フィリピン、インドネシアでは、理学療法士が自律神経の問題やアレルギー疾患に対して介入はしていないとのこと。日本でもまだまだ、まだまだ知られていない。というか これらの問題に対して 【理学療法が介入手段になる】 という発想自体が世界のどこに行ってもない。今後10年で、その発想が当たり前になっていく。 それでなくても自律神経の問題やアレルギー疾患は、全世界で増えてきている。 薬の開発ももちろん大切。 それで救われる人もたくさん出てくるはずだけど、それだけではこの増加は抑えきれない。身体自体が元気でなければ、薬の効果も限定的になってしまう。もっともっと理学療法が求められる。

血液の流れの問題が引き起こすトラブルには、どのようなものがあるでしょうか? ・冷え ・ほてり ・老廃物の排出が不十分 ➡︎ 炎症反応の増加 ・免疫反応の低下 or 過剰反応 ・蕁麻疹 ・アトピー性皮膚炎  
2018年5〜7月に東京にて開催されました自律神経セラピストbasicコースが終了しました。今回のコースは、理学療法士の方だけではなくトレーナーの方も参加していただきました。 ご質問の内容も多岐に渡ったことで、私自身も学ぶことの多いコースとなりました。病院に入院や外来で通われている患者さんだけではなく一般の方であったり、アスリートの方であったり自律神経のトラブルは、どの方にも起こりうる問題であることを受講生の症例を介してさらに知ることができました。

さらに表示する